PC クラウドファンディング デジモノ・ガジェット

[D]RYZEN 4900H搭載のCHUWIミニPC「RZBOX」のメモリとSSDを考える

CHUWIからもうすぐクラウドファンディング開始されるミニPC「RZBOX」ですが、

今回は、RZBOXにぴったりのメモリとSSDの構成を考えてみます。

クラウドファンディングではいろいろなスペックを選べる(はず)

クラウドファンディングでは、RZBOXのメモリとSSD構成をいくつか選ぶことができるはずです。

そこでどの程度の価格になるか分かりませんが、過去の経験上メモリとSSDは自分でアップデートすることになるので、事前に選定しておくと良いです。

メモリはDDR4 3200MHz (ノート用)

RZBOXに搭載できるメモリは、DDR4 3200MHzのノートPC用メモリです。

メモリの上限は32GB、スロットは2つなので、16GB×2枚で構成するのが良いと思います。

今Amazonでみたところ、タイムセールで安くなっているこれなんかが最適解だと思います。

SSDはNVMe 2280タイプ

SSDはNVMe 2280タイプです。

こちらも今の時代であれば一般的になりつつあるタイプのSSDです。

Amazonで見たところ、こちらもセールのこれがおすすめです。

2スロットなので、1TB×2枚で2TBにするのが良いのではないでしょうか。

いくらになる?RZBOX

改めて、CHUWIのRZBOXは2021年10月にクラウドファンディングで登場予定です。

一体いくらで手に入れることができるのでしょうか?わくわくしながら待ちます。

-PC, クラウドファンディング, デジモノ・ガジェット