カメラ

[D]キヤノン、カラビナ型アソビカメラ「iNSPiC REC」を2019年12月20日発売

キヤノンから発表されていたカラビナ型カメラ「iNSPiC REC」の発売日が2019年12月20日(金)に決まりました。

iNSPiC RECとは

iNSPiC RECは、大手カメラメーカーであるキヤノン(Canon)が開発したカラビナ型小型カメラです。
先日、クラウドファンディングサイトで出資を募ったところ、ものの数時間で完売となり注目を集めていました。

本体は90gと軽く、手のひらサイズながら有効画素数1300万画素と高精細、焦点距離もフルサイズ比較で25.4mmなのでわりと広角。フルHD60fpsの動画も取れてBluetooth接続でスマートフォンとも繋がる、しかも防水。スペック的にはアソビカメラを超えたおもしろいコンセプトのカメラです。

発売日

2019年12月20日(金)

価格

14800円+税

キヤノンのオンラインストアでは、限定で着せ替えプレートやミニ三脚、モバイルプリンター「iNSPiC」とのセット販売も行っています。

スペック

●有効画素数:約1300万画素
●センサーサイズ:1/3型 CMOSセンサー
●ズーム:固定
●焦点距離:25.4mm(35mmフィルム換算値)
※ 動画撮影時は撮影画角が狭くなります。
●撮影可能距離:50cm~
※ ピントが合う範囲は50cmから無限遠となります。
●ISO感度:オート(ISO100-3200)
●ホワイトバランス:オート
●露出補正:オート
●手ブレ補正機能:動画時のみ有効(電子IS)
●記録媒体:microSD/microSDHC/microSDXC メモリーカード(スピードクラス CLASS 10 以上推奨、最大容量256GB)
●静止画記録形式:JPEG(Exif2.31 準拠)アスペクト比:4:3、1:1
※ 初期設定は4:3となっています。
●動画記録形式:MP4
●動画記録画質:HD(1280×720)30p、フルHD(1920×1080)30p/60p
※ 動画の記録画質はHD(1280×720)30pが初期設定となっています。フルHDで撮影するには専用アプリ「Canon Mini Cam」から設定を変更する必要があります。

モード

①写真モード

写真を撮影するときのモードです。専用アプリよりアスペクト比「4:3」「1:1」の設定、画素数の設定が変更可能。シャッターボタンを押し続けると連写(約2コマ/秒)できます。
※ 手ブレ補正機能:なし。

②ビデオモード

動画を撮影するときのモードです。シャッターボタンを1回押すと動画の撮影開始、もう1回押すと撮影を終了します。1回の撮影につき最長で10分間まで撮影可能。専用アプリより記録画質の変更が可能です。
※ 初期設定はHD(1280×720)/30p。 ※ 写真よりも撮影画角が狭くなります。

※ 手ブレ補正機能:あり(電子IS)。

③マルチモード

シャッターボタンを押す長さを変えることで、写真とビデオの両方が撮影可能なモードです。
・写真:シャッターボタンを一度押す。
・ビデオ:シャッターボタンを長押し。シャッターボタンから指を離すと撮影終了。1回の撮影につき最長で10分間まで撮影可能。
※ マルチモードで静止画の連写は不可。

④ワイヤレスモード

専用アプリを使用して、撮影画像/動画の確認・送信とリモート撮影が可能です。
※ 初回のみBluetoothによるカメラとスマートフォンのペアリングが必要です。

※ ペアリング済みのカメラの設定を変更する場合は、ペアリングした状態でカメラのモードダイヤルを「ワイヤレスモード」「OFF」以外にする必要があります。

防水・防じん性能:JIS/IEC保護等級IP68相当(水深2mで30分まで撮影が可能)
※ 真水を使用したIEC規格での試験結果。

※ microSDカード挿入口のカバーをしっかり閉じる必要があります。また、海やプールなどで使用した場合は必ず真水で洗い流し、完全に乾かす必要があります。
耐衝撃性能:2m
※ 当社測定条件によります。

※ 破損や誤動作の原因になるため、過度に強い振動、衝撃や圧力を加えないでください。
インターフェース:micro USB(USB 2.0)、Wi-Fi IEEE802.11b/g/n、Bluetooth Specification Version 4.2準拠(Bluetooth low energy technology)
撮影データの確認方法:microSDカード・マスストレージモード・専用アプリ「Canon Mini Cam」を使用
撮影位置情報(GPS)の付与:記録可(専用アプリで設定する必要があります)
使用可能温度:-10℃~40℃
動画撮影可能時間:約60分(フルHD/60p撮影時)
静止画撮影可能枚数:約1000枚(CIPAガイドライン準拠)
充電時間:約180分(フル充電)
※ バッテリー内蔵式。

本体

外形寸法:幅約110.5mm×高さ約45.2mm×奥行き約18.5mm
重量:約90g(フェイスジャケットを含む)

「iNSPiC REC」は買い?

用途次第では大いに「買い」だ!

iNSPiC RECがあったらこういう楽しみ方ができるというユースケースを考えてみました。

・アウトドアやお出かけの機会が多ければ楽しそう
・幼稚園~小学生くらいの子供に持たせたら楽しそう
・話題作りにも楽しそう

15000円程度で手に入るスナップシューター機として考えると、コスパも良いですし、買って損ということはないでしょう。
ただ、画質や作例などについては、発売日後のレビューを見て判断した方が良いと思います。

あとがき

スマートフォンに食われてしまったカメラ市場ですが、このようなカメラは消費者の心をくすぐる良い起爆剤となりそうですね。

個人的には結構売れるのではないかなと思います。

-カメラ

© 2020 デジモノート