PC クラウドファンディング デジモノ・ガジェット

[D]【2021/09/14 更新】Mac ProみたいなPCケース「Dune Pro」がっかり近況報告

クラウドファンディングプラットフォーム「INDIEGOGO」で出資している「Dune Pro」の進捗状況です。

Dune Proは、Mac Proのような見た目のPCケースです。これまでの経緯などは以下ご確認ください。

はじめに

僕がDune Proに出資したのは、2019年の秋です。早いもので2年経ちます。

本来であれば2020年1月に手に入る予定でしたが、コロナを言い訳に2021年9月の今も世界で誰一人リターン品を受け取っていない状態です。

2021年9月14日に更新された連絡で、ようやく現在の進捗状況が見えてきましたので、日本語に翻訳(意訳あり)してお届けします。

先に言っておきますが、相変わらずやばい状況ですよ。

進捗を日本語にしてざっくり意訳

Mac Proのおろし金のようなDICE-Yパネルがついたモデルと、それがつかないスタンダードモデルが存在しているのを前提に聞いてください。


スタンダードモデルは、3PL(サードパーティロジスティックス)(==物流会社)に300台引き渡し済みである。

追加で300台のスタンダードモデルが中国の業者に渡す前の状態である(3PLよりも前段階)。

DICE-Yパネルは、抽選で当たったラッキーな10人のために10枚だけ完成させたが、プラスチックのクリップ部品に問題があり金型から作り直している。数週間で問題は解決される予定。

最初の300台を3PLに渡したのは5月末だが、コロナの影響や物流業界全体がいまいろいろ滞っていてまだ港から出ていない。我々のような弱小会社は後回しにされている。でも、2021年10月には出港できるかも。

3PLに頼らない宅配(FedexとかDHLとか?)業者で発送するプランも考えているが、それを希望するなら、送料として追加で180米$以上かかる見込み。

どうです?やばいですよね・・・

エンディ
エンディ

絶対コロナだけのせいじゃない、会社がやばい・・・

エンディ
エンディ

個人的な感想

コロナ禍の今、コロナのせいで進捗が遅れていると言われたら、出資者は何も言えません。

ただ、製品の組み立てやDICE-Yカバーの生産状況が酷すぎてお話にならないです。

4000人以上出資しているのに、まだ"10枚"しかカバーを作れていない、しかも完成していない状態です。

プロジェクトオーナーがとんずらしないで連絡がくるだけマシですが、毎回言葉巧みに大丈夫、大丈夫と言っているだけな気がしてなりません。

Dune ProのDiscordにも参加していますが、出資者はもう怒りと諦めの半々といった感じで空気が良くないです。

プロジェクトオーナーも質問に答えてくれることが減ってきたので、今のところ、頑張ったけど完成しなかったという方向に進んでいる気がしてなりません。

追加で180米$払うべきか

DICE-Yカバーが10枚しか生産できていない状況を考えると、追加で送料を払っても届くのがいつになるか分かりません。

ただ、このまま3PLにまかせていても、本当に出港されるか分からないですし、そもそも本当に出荷したのかすら分かりません。

すでにケース代で30000円捨てているのに、リスクを負って追加で送料を払う意味があるのか悩みます。人より早く手に入れたい熱意にどれだけお金をかけられるか、ですかね。

僕は…本当に優先してもらえるなら払ってしまいそうな気がしますが、過去に追加で送料払ったのに、結局詐欺だったプロジェクト(Vinpok Split)もあるので葛藤しています。

あとがき

2年も経つと物欲は薄れてしまい、何で出資したんだろうという気持ちの方が強くなっています。

冗談で遅延しまくって2021年になるかも!?みたいに思っていましたが、冗談どころか、2021年内に手に入れることも難しいでしょう。

コロナもあってクラウドファンディングはプロジェクトの見極めが難しくなっています。

出資される場合は慎重に!

もし詐欺かどうか見極めがつかなかったらご相談ください。

-PC, クラウドファンディング, デジモノ・ガジェット
-,