アクセサリ・周辺機器 クラウドファンディング

[D]【悲報】Indiegogo出資者には届かない「Vinpok Split」国内クラファン分がメルカリやヤフオクで多数出品中

Indiegogoにて出資したポータブルタッチディスプレイ「Vinpok Split」のリターン、出荷対応がひどすぎるのでまとめておきます。

Vinpok Split

[img]

タッチパネル搭載の15.6インチのポータブルディスプレイです。
USB-CケーブルでPCやゲーム機の映像を出力できます。

状況タイムライン

今の状況をざっくり整理するとこんな感じ。

●2018年10月
Indiegogoで「Vinpok Split」に出資、注文番号は21000番台、発送予定は2018年12月

●2018年12月
製造遅延により発送されず。

●2019年2月
国内代理店がGREENファンディングで「Vinpok Split」の出資を募集、発送予定は2018年5月
→Indiegogoでも届かないのに届くのはいつになるやら、と高みの見物

●2019年2月
月間1000台にも満たないペースでIndiegogo出資者に発送が始まる
→21000番台とか絶望的、諦めと怒りで気が狂いそうになる

●2019年5月
GREENファンディング分の「Vinpok Split」が予定通り出荷
→Indiegogo出資者に発送する前に国内クラファン組に発送完、精神崩壊

Machi-yaで「Vinpok Split」の出資を募集、発送予定は2018年6月

●2019年6月
Machi-ya分の「Vinpok Split」が予定通り出荷予定
→精神崩壊パート2

2019年6月、メルカリ、ラクマ、ヤフオクで「Vinpok Split」多数出品中
→精神崩壊パート3 ←イマココ

確実に言えること

①Indiegogo発のクラウドファンディングに出資してはいけない
②Vinpok社のやり方は良くない
③出資した僕は大馬鹿者である

Indiegogo発のクラウドファンディングに出資してはいけない

海外のクラウドファンディングサイトで有名なのがKickstarterとIndiegogo。今回はIndiegogoでの出資でしたが、どうやらIndiegogoはあんまり良いクラウドファンディングサイトではないみたい。
Indiegogoはプロジェクトへの審査が緩く、似たような詐欺まがいなプロジェクトが多数存在しているようです。

Vinpok Splitも届き始めているので詐欺というのは失礼ですが、開発、製造するためのお金を出資してもらい、そちらの出資者にはリターンせず、別の販売代理店には優先的に卸すような事態になっています。

Vinpok社のやり方は良くない

Vinpok社の製品自体は魅力的ですが、企業のやり方としては良くない。むしろ最悪だと思います。
日本企業ではないので、遅れたことに対しての問いあわせなんかは無視、黙殺されます。都合の悪いことは返信してくれません。

Indiegogoのコメント欄は大荒れです。

出資した僕は大馬鹿者である

Vinpok Splitに出資したことに後悔しています。
Indiegogoが地雷なのと、この遅延、企業体質を見抜けなかったことに対して自分を責める毎日。精神的にも良くないので、早く届けてほしいものです。

-アクセサリ・周辺機器, クラウドファンディング
-

© 2020 DIGIMONOTE