未分類

[D]CHUWIのGemiBook Pro(14インチ、16GB、SSD512GB)がAmazonセールで39525円!

個人的にイチオシの中華PCブランドCHUWI(ツーウェイ)が販売しているノートPC「GemiBook Pro」がAmazonでセール中です。

プロセッサはGemini lake世代のIntel Celeron J4125でエントリーモデルながら、メモリ16GB、SSDはなんと512GB積んだ超お得モデル。

それがなんと39525円です!

定価でも50000円以内なんですけどね。

2020年12月8日現在、安いけど見た目も機能も性能も良いノートPC部門で僕が最もおすすめするのがこのGemiBook Proです。

  • Intel Celeron J4125
  • メモリ16GB!!!
  • SSD512GB!!!
  • 14インチで1500g
  • 2020/12現在、最もおすすめ(コスパ最高)
USキーボードなので最初は慣れが必要ですが、日本のメーカーだと絶対にこの値段では出せないスペックです。

CHUWI GemiBook Pro

このサイトでは今後も中華PCはたびたび出てきますが、まずCHUWI(ツーウェイア)というメーカーから。

CHUWIは中国の深センにある企業です。

Amazonなどで売っている格安PCメーカーで、知らない人からしたら怪しさ万点なわけですが、実際のところ、CHUWIは、デザイン、性能、価格どれをとっても、日本のメーカーでは実現できないレベルのコスパが良いPCを出しています。

僕も自宅のメインPCは、このCHUWIのHigameです。あとは、LapBook Proも使っています。

そんなCHUWIが、2020年11月にリリースしたノートPCが「GemiBook Pro」です。

GemiBook Proのスペックは以下の通り。

仕様

GemiBook Pro
OSWindows 10 Home
CPUIntel Gemini Lake J4125(Celeron)
GPUIntel(R) UHD Graphics 600
メモリLPDDR4X 16GB
ストレージSSD 512GB
Bluetooth5.1
Wi-FiWi-Fi 6対応
2.4/5GHz
インターフェースUSB-A 3.0×1
3.5mmヘッドホンジャック
Micro SDカードスロット
USB Type-C(PD対応)
DC(充電)
ディスプレイ14インチ
解像度2160 ×1440
サイズ310×229.5×20.6(mm)
重量1.5kg

CPUがCeleronだけど、メモリ16GBとSSD512GBはすごい・・・

エンディ
エンディ

良いところ

GemiBook Proの良いところです。

1. 圧倒的コスパの高さ

GemiBookProは、CPUがCeleronというエントリー向けモデルなのは残念ですが、メモリ16GBでSSD512GBというかなり素敵な仕様なのです。

エントリーモデルだと、だいたいメモリも4GB、SSDも良くて128GB程度です。

しかも、フルメタルボディで見た目も質感も抜群、まるでMacBookのようです。

Wi-Fi 6にも対応しているので、次世代の高速無線通信もばっちり、長く使えます。

そして、USB-CポートからのPDにも対応。DCポートがついていますが、使わずにUSB-Cで充電も可能です。

日本のメーカーがこの仕様で出すと10万じゃ収まらないと思う。

つまり、CHUWIは本当にすごい!

エンディ
エンディ

ここは注意

GemiBook Proは良い製品ですが、以下の点には注意しましょう。

1. キーボードがUSキーボードである

日本メーカーのPCしか使ったことのない人は、基本的にJISキーボードという日本語キーボードです。

ですが、CHUWIはUSキーボードという英字配列のキーボードです。

慣れればどうってことない(僕はすべてUSキーボードです)が、シフトキーを押しながらのキー配置が全然違うのと、日本語と英字切り替えも違います。かな入力もできません。

そのため、ここが無理!という人には不向きかもしれません。

2. 負荷のかかる処理は苦手

メモリ16GB、SSD512GBは拍手できるポイントですが、CPUが最新のCeleronでも、処理能力はさほど高くありません。

ネットの閲覧だったり、YouTubeなどの閲覧、執筆活動、Office系アプリなどはもちろん快適に扱えますが、3Dゲームやディープラーニング、4K動画の編集などを本格的に行いたい場合、このPCだと満足できないかもしれません。できなくはないですが・・・

快適にできること
苦手なこと
  • ネット閲覧、メール
  • YouTubeなどの動画閲覧
  • Officeアプリ
  • 執筆作業
  • グラフィック性能を要求するようなゲーム
  • 4Kレベルの動画編集
  • ディープラーニング

特殊用途でなければ十分快適!

エンディ
エンディ

あとがき

ディープラーニングや4K動画の編集のような用途でない、かつ、USキーボードでも構わないという人はGemiBook Proを選んで後悔はしないと思います。

本記事執筆時点での価格、39525円で買えた人はラッキーです。

むしろ僕も物欲をおさえられなそうで怖い・・・

  • Intel Celeron J4125
  • メモリ16GB!!!
  • SSD512GB!!!
  • 14インチで1500g
  • 2020/12現在、最もおすすめ(コスパ最高)
USキーボードなので最初は慣れが必要ですが、日本のメーカーだと絶対にこの値段では出せないスペックです。

公式サイトなど

●CHUWI(https://www.chuwi.com/jp/)

●GemiBook Pro(https://store.chuwi.com/products/gemibook-pro)

-未分類

© 2021 デジモノート